JA全青協   つかみとれ「輝く農業の未来」
トピックス
トピックス
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
青年部ニュース
観光地で「よい食」PR 自給率アップ訴え/九青協 2009.7.4
[ 青年部ニュースTOPへ ]

 【鹿児島・南さつま】九州地区農協青年組織連絡協議会は3日、鹿児島県で2日間開いたリーダー養成研修会の一環として、鹿児島市の(株)JA物流かごしまなどを視察したほか、日本農業・食料の大切さについて街頭宣伝活動も展開した。

 物流かごしまでは、鶏ふんや魚粉を使った有機入り配合飼料(コスト低減肥料)を学んだ。南九州市の知覧特攻平和会館周辺では「よい食プロジェクト」の街宣活動を行い、観光客らにJAグループが取り組む「みんなのよい食プロジェクト」のちらしやイメージキャラクター「笑味ちゃん」のバッジ、九州各県の特産品を配布。国産農畜産物の自給率向上を訴えるとともに理解・促進を図った。

 前川信男鹿児島県農協青壮年組織協議会委員長は「これからも国産農畜産物のおいしさや安心・安全であることを多くの方々に周知したい。2日間の研修会では農協青年組織の意思統一を図ることができた」と意欲と研修の手応えを話した。


[ 日本農業新聞の購読はこちら]
 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって