JA全青協   つかみとれ「輝く農業の未来」
トピックス
トピックス
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
青年部ニュース
地域・農業を元気に 発足後初の講演会/JAえちご上越青年部連絡協 2009.12.2
[ 青年部ニュースTOPへ ]

 【えちご上越】今年8月に設立したJAえちご上越青年部連絡協議会は11月28日、今年度の初事業となる講演会をJA本店で開いた。学習・研修および組織活性化活動の一環として行ったもので55人が参加した。青年部活動の紹介や講演を通じて、地域・農業振興や青年部員の役割について考えを深めた。

 青年部活動紹介では、頸城地区青年部の草間和幸さんが、「JA青年の主張大会」(関東甲信越ブロック代表)の発表内容を紹介。青年部で行っている田んぼの生き物調査や学校田での取り組みの紹介や農業に対する意気込みを発表した。

 講演は、建築士、調理師で、地域興しアドバイザーでもある、富井冨士子さんが、地域づくりや仲間づくりをテーマに開いた。「農業は生命維持産業。プライドを持って、農業をやっていけば地域を支えていける」「農業はマイナスイメージを持たれているが、逆転の発想をすれば、それがチャンスになる」と強調した。

 協議会の太田修二会長は「自分たちが取り組んでいる農業が、自然を守っているということをあらためて考え、仲間とともに農業を盛り上げていく大切さを感じた」と話した。

 同協議会は食と農の大切さや役割を地域社会に伝え、若者の力で地域・農業の活性化を図っていこうと設立された。既存の青年部8組織の代表者と未組織13地区の代表予定者または支店長で構成している。



[ 日本農業新聞の購読はこちら]
 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって