JA全青協   つかみとれ「輝く農業の未来」
トピックス
トピックス
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
青年部ニュース
仲間づくりで一丸 活動活性化探る/JA青年組織リーダー研修会 2010.1.15
[ 青年部ニュースTOPへ ]

 JA全中と全国農協青年組織協議会(JA全青協)は14日、東京・大手町のJAビルでJA青年組織リーダー研修会を開いた。青年部員らのJA運営への参画を進め、JA事業や地域の活性化と青年組織強化につなげる狙い。全国の青年組織の役員ら約70人が参加した。15日まで開く。

 全中の前嶋恒夫常務は冒頭のあいさつで「時代に合ったJA運営には青年組織の発展が必要。さまざまな取り組みの強化や仲間づくりに励んでほしい」と期待を寄せた。政治評論家の小林吉弥氏による基調講演もあった。

 全青協は今年度から、青年組織(単組)の基盤強化に向けた中期計画策定を支援している。青壮年部員の高齢化や減少などで活動の衰退が懸念される中、全青協が作成した中期活動策定ツールの利用で青壮年部の活動を維持、発展させる構え。

 研修会ではJA高知市青壮年部の福井誠部長が計画策定の事例を発表。食農教育活動の活性化や地域イベントの充実などを掲げた中期計画を基に理解を深めた。

 また、営農・経済事業を中心としたJAづくりに向け、販売事業のケーススタディーを行った。3JAの事例報告からら、将来のJAリーダーとなる参加者らが販売事業強化の必要性を学んだ。

 15日は中期活動計画の策定を踏まえた班別討議や、青壮年部リーダー層の役割強化に向けた課題を探る。


[ 日本農業新聞の購読はこちら]
 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって