JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
青年部ニュース
農業理解を促進 生協と田植え/栃木・JAおやま青年部 2010/06/08 ワイド2北関東
[ 青年部ニュースTOPへ ]

 【栃木・おやま】JAおやま青年部はこのほど、小山市絹地区で生協の消費者との交流会「あぜ道サミット」で田植えをした。消費者や青年部員ら約70人が参加。5アールの田んぼで、青年部とJA職員の指導の下、手植えで苗を植えた。
 
 「地元の農業をもっと知りたい」という消費者の要望で始め、20回目。農家でない人や初参加の人が多く、泥の感触を楽しみながら作業に汗を流した。
 
 家族で参加した横山英男さん(36)、由美子さん(36)は「初めて参加した。生産者に直接会って話ができるので安心だと感じた。田植え自体が初めてなので、手植えという貴重な体験ができて良かった」と話した。息子の正樹君(3)は「どろどろの田んぼが楽しかった」と笑顔をつくった。
 
 青年部の海老沼和彦部長は「口に入れるまでにどれだけの労力がかかっているか、作物作りの大変さを感じてもらいたい」と話した。
 
 田植え後、参加者は青年部員のイチゴハウスでイチゴ狩りを楽しんだ。
 
 今後は7、8月に除草作業、9月下旬に稲刈りの予定。

[ 日本農業新聞の購読はこちら]
 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって