JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
青年部ニュース
茶栽培復活めざす 発祥の地脇山地区 都市住民と乾燥作業/JA福岡市の青年部員 2010/07/19 社会12版
[ 青年部ニュースTOPへ ]

 【福岡市】福岡市早良区の脇山地区で、JA福岡市の青年部員が中心となった紅茶作りが始まった。同地区は日本の茶栽培発祥の地ともいわれるが、個人で茶を経営する農家は現在いない。伝統の茶作りを都市交流イベントに取り込みながら、青年部員や地域の協力で再興を目指す。青年部に加えて市内の小学生や家族約20人がイベントに参加した。
 
 同地区は自然や農産物との触れ合いを通じ、都市住民と農村が交流する「子どもグリーンツーリズム」を展開している。今年度は5月中旬に続き、10日に2回目の活動として紅茶作りに取り組んだ。
 
 同JA脇山支店で前日に摘み取った茶葉を参加者が手もみし、乾燥させるために広げる作業を青年部員と支店前で行った。乾燥した茶葉は、業者に依頼して発酵させ、紅茶を製造する。
 
 茶葉は主に直売所で販売していたが、今年度から一般に出荷する。脇山の特産物にしようと、部会の設立も検討中だ。

[ 日本農業新聞の購読はこちら]
 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって