JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
青年部ニュース
熱い主張を共有 夢持てる農業へ660人が結集/全道JA青年部大会 (2010/12/03 ワイド2北海道)
[ 青年部ニュースTOPへ ]

 第59回全道JA青年部大会が2日、2日間の日程で札幌市で始まった。「With you〜故郷を想(おも)う〜 築き上げようdream 夢が持てる農業へ」を大会テーマに、青年部員660人が結集。初日は各地区の代表が青年の主張や所属青年部の活動を発表し、農業経営や地域活動への熱意を共有した。

 JA道青年部協議会の牧清隆会長は大会冒頭のあいさつで「環太平洋経済連携協定(TPP)への参加に断固反対し闘っていく。この国の食料をどう守るかを国民に訴えていく必要がある」と盟友の結集を呼び掛けた。

 JA道中央会の長谷川幸男副会長は「若い活力や柔軟な発想を地域農業の発展に注いでほしい」と期待を寄せた。道農政部の東修二部長は「国民合意のないままTPPに参加しないよう政府に訴えていく」と述べた。

 青年の主張大会では、空知管内JA夕張市青年部の小林貴洋さんら6人が、日ごろの経験を基に農業に傾ける情熱を発表。青年部の活動実績発表大会では留萌管内JAてしお青年部の宇野剛司さんら6人が、それぞれ所属する部の活動の成果を発表した。両大会の最優秀賞などは3日に発表、最優秀賞者は来年1月の北海道・東北ブロック大会に出場する。

 このほか6つの分科会に分かれ、最新の生産技術や食農教育、地域リーダーの育成などについて学んだ。

[ 日本農業新聞の購読はこちら]
 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって