JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
青年部ニュース
口蹄疫克服お礼 児童に米や野菜/宮崎・JA都城青 年部 (2010/12/24 ワイド2南九州)
[ 青年部ニュースTOPへ ]

 【宮崎・都城】クリスマスを前にJA都城青年部は、都城市の児童養護施設・石井記念有隣園を訪れ、部員が地元産の米や野菜などの農畜産物を子どもたちにプレゼントした。同青年部は、地域貢献と地産地消のため、毎年クリスマスの時期にこの活動を行っており、今年で18回目。今年は口蹄(こうてい)疫の際に、子どもたちからのメッセージや義援金をもらい、長年の活動で得たつながりがさらに深まった。

 贈呈式では、サンタクロースに扮(ふん)した青年部が「都城で作られた米や野菜です。残さずに食べてください」と、イチゴやキュウリなど6種類の野菜や米100キロ、牛乳48リットルなどを手渡した。子どもたちの代表は「今年は口蹄疫で大変だったと思いますが、とても楽しみにしていました。ありがとうございます」とお礼の言葉を述べた。

 昼食では、用意した牛肉や豚肉38キロで焼き肉を行い、青年部員は子どもたちと楽しいひとときを過ごした。また、新年を迎える準備として、青年部員手作りの門松も提供した。

 同部の釘崎貴史部長は「今年は口蹄疫で子どもたちから応援をもらい、いつもとは違う特別な気持ちだった。子どもたちも楽しみにして喜んでくれるので、とてもうれしい。今後も継続して活動を続けていきたい」と話した。

[ 日本農業新聞の購読はこちら]
 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって