JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
青年部ニュース
タマネギ栽培が定着 食育や地産地消に/JA仙台青年部西多賀支部 (2015/11/12(木) ワイド2東北)
[ 青年部ニュースTOPへ ]

 JA仙台青年部西多賀支部が、活動をPRしようと始めたタマネギ栽培が地域に定着し、食農教育や地産地消につなげている。今年は、栽培面積を25アールから30アールに増やし、収量9トンを目指す。

 今年で8年目。部員11人がこのほど参加し、定植機で「ネオアース」を植えた。地元の小学校と連携して収穫体験を予定。地区限定で1セット(10キロ)の注文販売にも対応する。昨年収穫した6・7トンの半数は、地域住民に販売した。

 相原昌人支部長は「地域からの注文も増えており、より高品質なタマネギを収穫したい。今後も地域とともに活動していきたい」と意気込む。

 
[ 日本農業新聞の購読はこちら ]
 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって