JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
青年部ニュース
オール地場産ラー油 たまらない味「げきから」/富山・JAみな穂青壮年部 (2016/03/03(木) 日本農業新聞 ワイド2近畿)
[ 青年部ニュースTOPへ ]

 JAみな穂青壮年部がオール地場産のラー油を開発した。トウガラシは、壮年部が2009年から入善町内の耕作放棄地を再生して栽培する品種「げきから」。同町のご当地ラーメン「入善レッドラーメン」の原料にも使う。ごま油の替わりとなる菜種油には地元産ナタネを使って、JAが商品化し販売しているものを使用。風味付けのニンニクも地場産を使って仕上げた。

 部員は2月26日、JAの農産物販売加工施設「みな穂あいさい広場」の加工調理室でラー油を試作した。完成した試作品は60グラム入りの小瓶31本。27、28日に開いた「入善ラーメンまつり」の会場で1本300円で販売し完売した。

 青壮年部はこの商品に地元特産「ハウス雪しろねぎ」をプラスしてさらに風味を加えた商品への改良を検討中。3日に同調理室で試作する。内容量を65グラムに増やして350円での販売を予定する。

 青壮年部の鍋嶋慎一郎委員長は「『げきから』は辛味が強く、このラー油も辛い物が好きな人にはたまらない味になった。地場産商品として長く愛されるようさらに改良して完成させたい」と語る。

 
[ 日本農業新聞の購読はこちら ]
 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって