JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
青年部ニュース
組織活性化 熱く議論 宮崎市でリーダー研修/JA九青協 (2016/08/02(火) 日本農業新聞 ワイド1九州)
[ 青年部ニュースTOPへ ]

 九州沖縄地区農協青年組織協議会は1日、宮崎市で「JA九青協リーダー養成研修会」を開き、盟友約220人が参加した。組織活動の活性化に向けグループディスカッションなどを行い、盟友の親睦を深めた。同研修会は2日まで。

 同協議会の大塚公一委員長は「熊本震災では九州の盟友らに多くの支援物資をいただいた。少しずつ復興に向かっているが、これからも復興に協力していこう」とあいさつした。

 JA宮崎中央会の森永利幸会長は「皆さんは農業の中心で活躍するとともに、食育など地域振興にも積極的に取り組んでいる。これからも若い力とあふれる情熱で地域農業をけん引してもらいたい」と参加者を激励した。

 グループディスカッションを前に、一般社団法人「家の光協会」地上編集部の山本樹編集長が「JA青年組織がもっと元気になるために」と題し、青年部活動に参画する意義やメリットについて説明した。山本編集長は「JAというフィールドを活用して、目的や思いを実現してほしい」と、会場の盟友らに呼び掛けた。続けて行ったディスカッションでは、組織活動の課題や解決策について活発な意見を出し合った。

 2日目は、宮崎県JA食品開発研究所で食品加工・開発に取り組んできたみやざき6次産業化プランナーの杉田浩一氏が「これからの農業と6次産業化について」と題し講演を行う。

 
[ 日本農業新聞の購読はこちら ]
 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって