JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
青年部ニュース
合同で初めて農機整備学習/JA香川県青壮年部丸亀と善通寺支部 (2016/09/28(水) 日本農業新聞 ワイド1中国四国)
[ 青年部ニュースTOPへ ]

 JA香川県青壮年部丸亀支部と善通寺支部は、合同学習会をJA香川県丸亀支店で開き、部員18人が参加した。トラクターのセルフメンテナンスと、クボタが開発した効率的な営農につながる支援システム「KSAS(クボタスマートアグリシステム)」を学び、交流した。

 学習会を合同で行うのは初めて。稲の収穫を前に、学習会を開こうと丸亀支部が企画し、交流の機会として善通寺支部に提案して実現した。 

 (株)四国クボタの津山正博さんが、運転中の注意や安全に使うための整備方法を説明した。部員らは、実際にトラクターを使い重要箇所の点検方法や安全に使うポイントを学んだ。

 次世代の新たな農業のあり方を知る機会にもなった。丸亀支部の松浦正武支部長は「善通寺支部と交流でき、学びの多い学習会だった。今後も続けたい」と話した。


[ 日本農業新聞の購読はこちら ]
 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって