JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
青年部ニュース
東京で稲刈り指導 16年度 7小学校に出前授業/JA山形おきたま飯豊地区青年部 (2016/10/28(金) 日本農業新聞 ワイド2南東北)
[ 青年部ニュースTOPへ ]

 JA山形おきたま飯豊地区青年部員3人は21日、東京都新宿区立戸塚第一小学校、落合第二小学校で稲刈りを指導した。児童らは、手作業での刈り取りや稲を干す作業を体験した。

 落合第二小学校では、春に田んぼやバケツに植えた「はえぬき」を鎌で刈り、ひもで縛って室内の物干し竿などに「はさがけ」した。コンバインの作業を撮影したビデオを上映し、農家の稲刈り方法を説明した。

 「びっくり箱」と名付けた発泡スチロール箱に、イナゴのつくだ煮とリンゴを入れて児童にプレゼント。手にした児童からは歓声が上がった。

 飯豊地区青年部の浅野克幸委員長は「子どもの笑顔に会えたことがうれしい。今後も農業や食料、環境の大切さについて農家が直接話す機会をつくっていきたい」と話した。東京都内へ出向く食農教育で2016年度、新宿区や杉並区の七つの小学校の児童約450人を指導している。


[ 日本農業新聞の購読はこちら ]
 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって