JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
青年部ニュース
児童黒大豆収穫を満喫/兵庫・JAみのり青年部三木支部 (2016/11/05(土) 日本農業新聞 ワイド2近畿)
[ 青年部ニュースTOPへ ]

兵庫県のJAみのり青年部三木支部はこのほど、三木市吉川町実楽の圃場(ほじょう)に市立上吉川小学校の児童を招いて、黒大豆の収穫体験「ビーンズハンター」を行った。同校の1、2年生11人が参加した。

同部が進める地域貢献と未来の農業後継者づくりが目的の「KOUUNプロジェクト」の一環。三木、加東、西脇、多可の4支部に分かれ、地域の子どもに食農体験を行う。同支部は若手農業者9人が所属。今年は酪農家やブドウ農家で体験した。イチゴ農家で収穫体験を行う予定だ。

部会員で、同集落で大豆や水稲を栽培する西田純也さんが、大豆の生育・栽培過程を説明。2人1組になった児童を部会員が助けながら、株を引き抜いた。同集落の営農組合員らによる機械を使って、枝からさやを外す作業も見学。湯がきたての黒大豆をほお張って、秋の味覚を感じた。

2年生の片山綱太君は「株を抜くときは、歯が折れそうなほど力がいったが、楽しかった」と目を輝かせた。永塩有支部長は「苦労して収穫して初めて食べられて、おいしいと感じることを知ってほしい」と話した。(兵庫・みのり)

[ 日本農業新聞の購読はこちら ]
 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって