JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
青年部ニュース
豚肉輸出など最新事例報告/養豚協会青年部会 (2017/02/07(火) 日本農業新聞 総合営農)
[ 青年部ニュースTOPへ ]

日本養豚協会青年部会は3、4の2日間、東京都新宿区で生産経営セミナーを開き、豚肉輸出や飼料米の利用など、最新の取り組み情報を部会員に提供した。部会員ら150人が参加した。2日間で6課題の講演を用意。外部講師の他、部会員が養豚経営者として取り組む豚肉輸出や飼料米利用の取り組みも報告した。

畜産環境整備機構は、日本中央競馬会の助成を受けて進めてきた、豚舎の悪臭に関する最新の研究成果を報告。微生物をすまわせたおがくずチップの層に豚舎の臭気を通して悪臭成分を分解する手法などを紹介した。

豚を出荷するごとに生産者から資金を集め、積立金を作って消費宣伝活動などに充てるチェックオフ制度に関しても状況を説明した。

会場では養豚資材を扱う賛助会員11社の展示会も企画。多産に対応し、子豚用の人工乳やサプリメントなどを展示した。

[ 日本農業新聞の購読はこちら ]
 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって