JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
青年部ニュース
支持される存在に/JA鳥取県青壮年連盟 (2017/03/07(火) 日本農業新聞 ワイド1中国四国)
[ 青年部ニュースTOPへ ]

JA鳥取県青壮年連盟は6日、倉吉市で第63回通常総会を開いた。西尾祥幸委員長は「JAグループ鳥取の組織、活動を組合員に理解してもらい、若手農業者の意見も取り入れ、農家を支え、支持される存在になってほしい。これが真の自己改革につながる」と呼び掛けた。2017年度役員体制は、委員長の西尾祥幸さん、副委員長の語堂正範さん、潮隆博さんが続投する。

JA鳥取県中央会の高見俊雄会長は、農業を取り巻く厳しい環境について述べた上で「農協改革については外から提案される必要はない。協同組合は自主・自立の組織。自ら改革に取り組んでいく。青壮年部員の若い力に期待している。次世代農業の原動力となるよう切望する」と激励した。

研修会では、中央会県域サポートセンターの坂根康之センター長が、センターの取り組みについて講演。全青協主催の全国看板コンクールの応募に向けて、ドゥ・デザインの紙原四郎代表が印象に残る看板作りについて話した。

その他、16年度鳥取県手づくり看板コンクールの表彰式も行った。結果は次の通り

▽看板部門最優秀賞=JA鳥取中央青壮年部東伯支部
▽同優秀賞=JA鳥取中央青壮年部関金支部
▽アート部門最優秀賞=JA鳥取中央青壮年部泊・東郷支部

[ 日本農業新聞の購読はこちら ]
 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって