JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
青年部ニュース
次世代ハウスに学ぶ/高知・JA南国市青壮年部 (2017/04/01(土) 日本農業新聞 ワイド2四国)
[ 青年部ニュースTOPへ ]

高知県のJA南国市青壮年部は3月下旬、南国市上野田に1月に完成した次世代型園芸ハウスを視察した。部員約10人が参加して先進技術を学んだ。青壮年部は毎年、農業資材や栽培技術などの勉強会を開き、情報を共有している。

部員は、ハウスを運営する同JA出資農業生産法人・南国スタイルの職員の説明を受け、養液供給装置や複合環境制御装置端末、二酸化炭素(CO2)発生装置などの設備を見学した。苗の生育具合も確認し、「いつから収穫可能か」「養液を供給した後の回収した排液は、どう再利用されるのか」などと質問した。

南国スタイルの中村文隆専務は「時々見に来て、確認してほしい。新しい技術を地域の農家に伝えられるように頑張りたい」と話した。

同ハウスは、同JAが県と市の助成を受けて建設。5.5メートルの高軒高でCO2濃度などの環境制御技術に加え、電解水素水を活用する先進設備などを完備する。新技術の実証の場として地域の期待も大きい。栽培品目はパプリカとピーマンで、2月13日に定植を始めた。4月上旬にピーマンの収穫が始まる予定。(高知・南国市)

[ 日本農業新聞の購読はこちら ]
 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって