JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
青年部ニュース
JA青年連盟70周年 全国に先駆け設立 団結力向上を確認/福島 (2017/11/26(日)
日本農業新聞 総合3面12版遅)
[ 青年部ニュースTOPへ ]

JA福島県青年連盟は25日、創立70周年記念式典を福島市で開いた。青年連盟メンバーやJA、福島五連役員ら約150人が参加。1948年11月に全国で初めて県組織を創設してから、これまでの活動を振り返り、新たなスタートを切り団結力、組織力をさらに高めていくことを確認した。

同連盟の草野城太郎委員長は「70年の歳月の中で積み重ねた運動を次の世代に引き継ぎ、食と農を守るのは自分たちだという気概を持ち、一丸となって実践しよう」と呼び掛けた。

JA福島五連の大橋信夫会長は「JAグループ福島は集落営農の組織化、法人化の推進など担い手支援やGAP(農業生産工程管理)の取得、JA自己改革の加速化、農業所得10%アップの実現を目指す。青年連盟との連携を深め県農業の振興を進める」と強調した。

同連盟の4代目幹事長を務めた安田壽男元福島五連会長は「日本で作られた食物を食べ続けてこそ、日本人なのだとの思いを持って頑張ってほしい」と激励した。

青年連盟の功績者として、2016年度JA全国青年大会青年の主張発表で最優秀賞を獲得したJA東西しらかわ連盟の菊池一裕さん、JAふくしま未来青年連盟そうま地区鹿島支部、遠藤友彦元JA全国青年組織協議会長を表彰した。

[ 日本農業新聞の購読はこちら ]

ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって