JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
青年部ニュース
新商品「カップリングビオラ」 女子大生らと開発 販売イベントも/JA兵庫六甲伊川花卉青年部 (2017/11/26(日) 
日本農業新聞 エリア近畿)
[ 青年部ニュースTOPへ ]

JA兵庫六甲伊川花卉(かき)青年部と神戸松蔭女子学院大学の学生らは、2色のビオラを組み合わせた「カップリングビオラ」を開発した。23日には、ホームセンターアグロガーデン神戸駒ヶ林店で販売イベントを行った。

「カップリングビオラ」は、色の異なる2種類を植えたビオラ苗。色彩学を学ぶ同大学生活学科の学生が配色を決めた。青年部が苗を育成、学生らが定植を行った。今回販売したビオラは6パターン。20点以上の中からコンペで選ばれた。「ハッピーライフ」や「パワフルエレガント」など、それぞれのイメージを表現した名前を付けた。それぞれのコンセプトに応じたライフスタイルの提案も行った。

栽培に携わった同青年部の三浦崇明さんは「2種類のビオラを同じ高さ、同じタイミングで花が咲くようにするのには苦労した」と話す。

購入者を対象に、ビオラの生花を使ったアクセサリー作りの体験会も行った。ヘアピンやキーホルダーなどを楽しそうに作る親子連れの姿が見られた。

JA伊川支店の担当者は「花の品質には絶対の自信がある。地元はもちろん近郊の都市部に住む若い世代の人たちにももっと買ってもらえるよう、さまざまな売り方の提案をしていきたい」と意気込む。(兵庫六甲)

[ 日本農業新聞の購読はこちら ]

ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって