JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
青年部ニュース
「現場目線の意識を」 中家会長らが期待/全国機関の新採用研修会 (2018/04/03(火)
日本農業新聞 JA)
[ 青年部ニュースTOPへ ]

JA全中は2日、JA全国機関の新規採用職員研修会を東京都文京区で開いた。約650人の新規採用職員が参加。全中の中家徹会長や全国農協青年組織協議会(JA全青協)の飯野芳彦会長らが、全国機関職員としての役割や期待を述べた。中家会長は現場目線を意識することが重要と強調。飯野会長は全国機関で連携するよう訴えた。

全中、全農、共済連、農林中央金庫など17団体に採用された職員が参加した。

中家会長は、JAグループの自己改革や協同組合の役割などを紹介。「全国機関はJAや組合員から必要とされる組織にならなければならない」とし、「組合員やJAを支援するため、常に現場目線を意識してほしい」と述べた。

飯野会長は「JAの財産は産地。産地を維持するのがJAグループの役割だ」と強調。「人と人との交わりが重要で、それが産地育成につながる。全国機関で横のつながりをつくってほしい」と期待を示した。

この他、JA経営マスターコースの童門冬二塾長が講演した。全中の監査企画部に配属された鈴木大志さん(23)は「農業者の力になるため入会した。まずはこれからのJA研修で、現場の人からいろいろ学びたい」と意気込みを語った。

[ 日本農業新聞の購読はこちら ]

ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって