JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
都道府県版ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
トピックス
[ 一覧に戻る ]
小竹副会長、1,000名の参加者を前に決意表明 2008.7.16
 WTO閣僚会合を間近に控えた、7月16日(水)、JA全中は、砂防会館別館1階「利根」において、「WTO閣僚級会合対策全国代表者緊急集会」を開催した。この大会には全国から約1,000名の生産者・JAの代表が参加。
 
  大会のなかで、「『悪い合意ならしない方がよい』という毅然とした対応を我々は求める」との緊急決議を採択した。
 
  緊急決議に先立ち、小竹行哉JA全青協副会長は、「農業者の利益だけでなく、日本の未来のために国民の意思を結集し、ともに闘う」との力強い決意表明を行った。
 
全青協を代表し力強く決意表明する 小竹副会長   日本農業新聞 7/17版 クリックするとPDFが開きます
全青協を代表し力強く決意表明する 小竹副会長   日本農業新聞 7/17版
クリックするとPDFが開きます
 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって